H29.8.21(月)北岳バットレス取付け地点で登攀準備中(丹沢撮影)
🌼 山行月日
   平成29年8月20日(日) ~ 22日(火)
🌼 コースデータ
   11:30広河原…14:20後20分地点…15:05白根御池小屋
🌼 感想記
   工事中
🌼 山行実施月日
   平成29年8月21日(月)=単独(丹沢)
🌼 コースデータ  
   5:00白根御池小屋…5:35二俣…7:15大樺沢源頭地点…(梯子)…8:50八本歯ノコル…9:55分岐…10:45北岳
   稜線(遭難碑)…10:50雷鳥親子…11:15北岳山荘12:15…13:15稜線分岐…13:55北岳山頂14:10…14:40
   肩の小屋14:50…15:05小太郎山分岐…16:10白根御池小屋(泊)
🌼 感想記
2日目の21日(月)は、バットレス登攀隊が出発した後、北岳右回り山行のため御池小屋を後にする。約2時間半で大樺
沢の源頭に着いた。ここから「バットレス登攀隊」の姿が取付地で準備しているのが遠望できる。呼んだり、手を振っても
気がつかないのかなあ。こっちは急登から核心の梯子をひたすら登る。やっと、八本歯のコルへ着くが何とお目当ての
「タカネビランジ」があちらこちらに咲いている。やや遅いがまあまあだ。花の撮影をしながら何とか疲れた体を誤魔化し
ながら北岳山荘までの分岐へ着いた。ここからは約1時間のトラバースだが、お花畑は健在だ。ゆっくりとした種々の花
を愛でながら実に気持ちが良い。この頃にはガスがかかり遠望は良くなかったがそれでも間ノ岳の大きさが南アルプス
の山を印象づけている。稜線に出て北岳山荘へ向かう途中に、雷鳥親子(親鳥1羽、雛8羽)が登山道で砂浴びをして
何とも微笑ましい。肩の小屋へ15時までに着く約束でそれに間に合うように「ゆっくり」と相変わらず花の写真撮影で誤
魔化しながら、北岳山頂を経て15時までに肩の小屋へ着いた。しかし、何と!バットレス登攀は時間切れで間もなく御
池小屋へ着くとのこと。「それでは」と急いで急な草スベリを足をガクガクさせながら16時10分に到着。やっと、みんなと
合流をしたが、その日はもうもうヘトヘトで夕食時の酒が急に回ってきたのか、19時頃就寝(ダウン)した。
                                                               (丹沢 記)

大樺沢源頭からの北岳バットレス

バットレス取付け点で準備する登攀者

八本歯のコルに咲くタカネビランジ

北岳山荘へ向かうお花畑
                         
北岳山荘へ通じる登山道で「雷鳥」親子の砂遊び(親①、雛⑧)
                         (写真 丹沢)