H29.9.24(日)北岳から望む富士山(fuku/撮影)
★ コースタイム
 ・ 9/23(土)
   10:50広河原登山口…(12時から10分休憩)…13:30白根御池小屋(泊)
 ・ 9/24(日)
   4:30白根御池小屋…(1時間に1回10分休憩)…7:00小太郎尾根分岐…7:35北岳肩ノ小屋…8:35北岳山頂
  9:00…10:00小太郎尾根分岐…11:45白根御池小屋12:20…14:40広河原登山口
   

広河原から出発

白根御池小屋、もう少しかな

白根御池小屋の手前で
★ 山行記
 ・9/23(土)
   朝6:40、新宿駅パスタ前で「fukuさん」の車に乗り、いざ北岳へ。芦安第五駐車場に車を停めて乗り合いタクシー
  へ飛び乗る。カーブの多い坂道と長く車幅ギリギリのトンネルを走り抜け広河原登山口へ到着。身支度を整えて
  白銀御池小屋へ向けて出発する。吊り橋を渡り、広河原小屋を過ぎると山道に入る。結構な傾斜と鬱蒼とした林
  の中を歩きながら「南アルプスに来たのだ」としみじみ実感。某飲料メーカーのCMで宇多田ヒカルが南アルプス
  をあるいたものを思い出し盛り上がる。あれはどこの山だったか。(調べたところ栗沢山でした)
  木々の隙間から漏れる太陽の光に感動したり、登りにくい丸太の階段に苦戦したりしながら3時間のコースを歩
  く。キツイ登りから傾斜が緩くなりしばらく歩くと石畳の道に至る。その先に白根御池小屋。予定のコースタイム
  より早く到着いた。想像していた程時間が掛からなかったので少し安心したが明日が心配だ。荷物を置いて受
  付を済ませて外のテーブルでビールと炭酸ジュースとホットコーヒーで乾杯!しばらく外で休憩し、寒くなって
  きたので部屋へ入る。通常8人、混雑時は16人部屋に通された。枕がなかったが清潔な布団に感動。
  17時の夕食まで時間があったのでもう一度飲み直すか話し合っているうちに布団に横になりだし、自然に昼寝
  の時間となる。16時に談話室へ移り、のんびり過ごし17時に待ちに待った夕食。お弁当のようにおかずが並び、
  ゼリーとオレンジのデザート付きだった。初めて小屋泊まりをする「とーさん」はご飯が美味しいと感動してい
  た。やはりアルファ米と白米の味は違うそう。夕食後、外に出て鳳凰三山と明日登る北岳を眺める。山頂は雲が
  かかって寝なかなか北岳の山頂が見えない。北岳全貌が見えないまま寒くなったので部屋へ戻る。頂上は明
  日にお預けだ。寝支度をし、19:30過ぎに就寝。  
 ・9/24(日)
  3:30起床。準備と昨日受け取った朝ご飯のお弁当を無理矢理押し込み、4:30に出発。外に出るとまだ真っ暗だ。
  ヘッドランプを点けていざ「草すべり」へ。
  真っ暗なため、目の前の1m先しか見えない。急登の気がするが真っ暗で石が多く転ばないように集中する。振
  り返ると少しずつ明るくなってきた。ご来光が見えてきそうだと期待する。しばらく歩き、空が白んでいるが肝
  心のご来光が現れない。どうやら太陽に雲がかかってしまっている。そうこうしている間に明るくなってしまっ
  た。ご来光が見れず残念だったが、明るくなって見るとかなり登って来たことに驚く。しばらく歩いていると踵
  に違和感が。靴紐を結び直す時にそう話すと「とーさん」が特製の靴擦れ応急処置キットでテーピングしてくだ
  さった。特製のキットにみんなで感動。おかげで違和感が治った。
 

何となく朝焼け?

富士山が見えてきた

肩の小屋手前で

岩場を行く
長い長い草スベリを抜けて小太郎尾根分岐、北岳肩の小屋までぐんぐん登る。標高が上がるにつれて息が苦し
くなってくる。「シュッシュッ」という呼吸法が良いと「とーさん」が教えてくださり、「なおさん」と実践。どうも
「シュッ」というのに気が回って呼吸が疎かになってしまい笑ってしまう。途中途中で振り返ると富士山が顔を
覗かせ、その左側に甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳が見渡せる。幸いにも雲も無く、山頂がはっきり見える。悠然とした姿
に感動しながらさらに登って行く。ゴツゴツした岩場が始まりいよいよ北岳の山頂が見えてくる。息が苦しいが
もう少し。

間ノ岳が見えました

肩の小屋目指して

頂上が見えてきた
短い岩の稜線を渡り、北岳山頂へ到着。3,000メートル踏破。

北岳登頂
雲も無く360度のの大パノラマ。道中ずっと我々を励ましてくれた仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳も山頂から見る姿は格
別だった。北アルプスも遙か彼方に見える。感動の景色を写真に収め、休憩後、下山の途へ。

前同

甲斐駒をバックに
登りはきつかったが、下りは長く長く感じた。宿泊した白根御池小屋に戻り、最後の下りへ。行きよりも長く感じて
なかなか広河原へ着かない。足も体もくたくたになりながら、やっと広河原へ到着。白根御池小屋から広河原ま
での道が一番きつく感じた。吊り橋を渡り振り返ると、北岳の山頂が遙か彼方に見える。数時間まであの「てっぺ
ん」にいたのだと思うと感慨深い。行きと同じく乗り合いタクシーに乗る。もの凄いスピードで山道を走り抜ける。
車酔いと疲れで夢の中へ……。駐車場へ着いて温泉に入り、「fukuさん」の運転で新宿へ。途中、境川PAで夕
食。事故渋滞に掴まりながらも、新宿へしながら帰路についた。到着。2日ぶりの都会の喧噪に壁易しながら帰路
についた。
私の遅いペースに合わせて下さったおかげで北岳を登頂することができた。「fukuさん」「なおさん」「とーさん」  ありがとうございました。楽しい山行でした。


                                 (Hara 記)

広河原まで戻ってきたよ~
(写真 fuku/とーさん)