★ 山行月日
   平成29年9月30日(土) ~ 10月1日(日)
★ 山行先
   甲武信岳(東沢・釜ノ沢東俣/テント泊)
★ 参加者
   ハルさん、ピーちゃん、keiさん、youさん
★ コースデータ
※ 第1日目(9/30)
7:10西沢渓谷P…7:30トイレ…8:10河原…8:20鶏冠山出合…8:53休憩8:58…9:18ホラの貝ゴルジェ…10:05洞門 …10:10山の神…(10:15~45/沢支度)…11:20乙女ノ沢…11:50東のナメ沢…12:25西のナメ沢12:35…13:30釜ノ沢出合…15:35両門ノ滝(幕営)

※ 第2日目(10/1) 
7:45両門ノ滝…9:15薬師滝…10:05滝の落ち口(8m)10:15…11:10(休憩)…11:47休憩12:00…12:47ナメ滝(4~5段)…12:33ミズス沢…12:52二俣の看板…13:22休憩…14:45ポンプ小屋…14:55甲武信小屋(支度)15:30…15:46まき道分岐…15:53戸渡尾根分岐15:58…16:40休憩16:45…17:05ヘッドランプ装着…17:30休憩17:35…17:45徳ちゃん新道分岐…18:10休憩18:15…18:48休憩18:53…19:30休憩19:35…20:30林道(徳ちゃん新道登山口)…20:20トイレ20:30…20:45西沢渓谷P上
                                                               (ピーちゃん 記)
★ 山行記
 前夜(9/29)
勝沼インター→から程近い大善寺(山梨県最古・通称ぶどう寺)宿坊に前泊、ぶどうの盆栽鉢が飾られている広場で 明日の山行へ思いを馳せながら「仲間」の校正    
※ 第1日目(9/30)
車でフルーツラインを西沢渓谷へ向かう。駐車は前日分を含めキャパの6割というところか。歩き始めると、警察官に20日か
ら行方不明の登山者のビラを渡される。すぐ「登山届回収箱」があったが「提出」ではないので行き過ぎる。しかし、この後
「提出箱」の設置は無く、リーダー自ら戻って届提出(面目なし)。鶏冠谷出合で単独行者の支度中を横目に、東沢に向かう。
「東沢は熟練技術と装備が必要」との立て看板。河原を歩き、時に甲武信岳旧登山道を思わせる踏み跡を辿る。嫌らしいトラバースはザイルを出す。山の神まで入渓無し。河原に下りた所で腹ごしらえと沢支度をする。早速右岸に渡渉する。水が冷たい。初めてのコースだというのに、リーダーはまるで「ここ渡れ印」でもあるかの様に迷いなく左岸・右岸と渡渉を繰り返
し、荒れた巻道に入る。巻道にはピンクのビニールテープも見えるが、河原に下りる地点が微妙な箇所で、我々は念のためザイルをを出して懸垂するなど時間がかかっても安全第一、樅の木会。(前夜、階段やベットから私が落ちたので、「ハルさん」の判断により慎重にさせたかもしれない。)大きな東のナメ、西のナメを経て、金山沢を見送り釜ノ沢に入る。「甲武信小屋まで5時間半」の表示。遡行を続け千畳ののナメに至る。千畳どころでなの長さではない滑滝の中を気持ちよく遡上。そこ
を過ぎると憧れ続けた「両門ノ滝」への期待で、昔日本シリーズで9回の守りについた清原が涙目になったような気分になる。遂に来た日本一じゃなく、両門ノ滝。実はもっと壮大なスケールを想像していたのだが、西俣・東俣から落ちる滑と淵の美しさは想像通り。日本の山の多くを開山した修行僧も、自然の中に神の仕業を感じて頂を目指したのではあるまいか。「今日、ここで泊まろう」との声に心の中でガッツポーズ。ツェルト二張り設営、焚火が点かないのを見かね「ハルさん」が、焚火奉
行ぶりをいかんなく発揮する。濡れた服や靴を乾かし、乾いた喉を潤し、空いた腹を満たし、語るほどに夜は更けていく。紫の煙が流れて往く暗闇に月と星、「これぞ、至福!!」と言わずにおれようか!?パーティの皆さんと神に感謝。一足先にシュラフカバーに包まり、滝の音と三人の話し声とkeiさんの高笑いを聞きながら、心地よい眠りに入る……筈だったが、寒くて眠つけない。朝方に隣を見ると、「ハルさん」は目出し帽と正ちゃん(帽をかぶり、象の足も持って来ていると。ビバーク経験・備えがまだまだ……。  
                                                                 (you 記)
※ 第2日目(10/1)
ダウンにフリースを着込んで腰の辺りにカイロまで貼ってシュラフカバーにもぐったが、滝の横でのビバークはやっぱり寒かった。2時間おきに目が覚めて、足をこすり合わせてはいつも間にか沢音が遠のいていった。起床と同時に「ハルさん」が火をおこし始める。それにしても昨夜の月明かりに浮かんだ滝は綺麗だったな。なんだかんだと朝から「たき火」に夢中で出発時間をオー バーしつつ早速渡渉からスタート。左岸の急斜面に取り付くが、沢へ下りる道が短いが急なためロープを出した。両門ノ滝左岸 側の滝の上に下りる。対岸に渡りまた急斜面を高巻く。再び沢へ下りて休憩。両門ノ滝から直線距離ではほんのすぐそこなのに 此処まで既に1時間半を要していた。昨日のビバーク地点決定の判断は正しかった。沢の中をしばらく歩いて左岸側へ上がり 苔の生えた広い樹林の中を赤テープを頼りに進む。そこそこに焚火の跡があり、この辺りが野営敵地なのだろう。さらに進むが やがて道が怪しくなる。沢へ下りたりまた上がったり、その都度遡行図を確認しながら進んだ。やがて現れた階段状のナメ滝の左岸を高巻く。途中、単独行の男性が小さなリュック一つ背負って猛スピードで登って来て、あっという間に我々を追い越してい く。この辺りで既に1時近い。小屋に着くのは何時かな。大ナメ滝が目の前に 現れたときは、高さはあるが幅はそれほどでもな かったので遡行図にある40×70mとあるのを見て、これがその滝かしらん、と思う。ここでもロープを出して、「ハルさん」が先ず 登っていく。一段上がったところから右手から入ってくる木賊沢との中間尾根に入って行き、踏み跡を辿って登っていくとガイドに あるとおり大ナメ滝が左手下に見え、その先は下で見たときよりずっと幅が広くなっていた。ゴーロへ下りて急なガレ場を登り始め るとその先にポンプ小屋らしきものが見えた。ここで一寸休憩。気がつくとガスが上がってき始めていた。風が冷たい。ポンプ小 屋からは綺麗な道が付いていて甲武信小屋まではすぐだった。小屋の横で急いで沢靴を脱ぎハーネスをとる。3時半。駐車場 に着く前に真っ暗になるのは必至なのでヘッドランプはすぐに取り出せるように出発。コースタイムでは駐車場まで4時間弱の道 のり。日没前5時過ぎまでは順調に下っていったが、暗くなるとやはりスピードが落ちる。道に迷わないように赤テープを探しなが ら慎重に下る。途中の分岐から下は1時間半ほどのコースタイムだが下れど下れど林道に出ず、広いところに出たと思うとまた 尾根道を歩いているという繰り返し。やっと林道に出たときは本当にホッとした。トイレ休憩をとったときにスマホを確認すると皆そ れぞれに代表をはじめ何人もの仲間から留守電が入っていた。駐車場に辿り着いたのは9時近くになっていた。長い長い一日が やっと終わった。
                                                                 (kei 記)
                                (you 写真)