H29,10.1鬼怒沼(セイ撮影)
◆ 山行月日
   平成29年9月30日(土) ~ 10月1日(日)
◆ 山行先
   日光沢温泉/鬼怒沼
◆ 参加者【計 7 名】
   こいさん、くうちゃんやまめ、しまちゃん、ヨー、セイ、がく (敬称略)
◆ コースデータ
 ※ 9/30
    10:15鬼怒川温泉→(バス)→11:50女夫淵温泉12:20…14:00八丁湯…14:30日光沢温泉(泊)
 ※ 10/1
    6:55日光沢温泉…7:48オロオソロシ滝展望台…9:22鬼怒沼10:00…11:46日光沢温泉12:30
    …14:30女夫淵
温泉15:25→(バス)→17:20鬼怒川温泉18:36→帰宅
◆ 山行記
 ※ 9/30 (土)

日光沢温泉前で
天候不順の長い夏がようやく終わり、久々に秋晴れの日和を楽しみに、東武線の鬼怒川温泉駅に三々五々集
合。駅前から日光市営の中型バスに乗り込み、女夫淵温泉まで右に左の車窓に鬼怒川の刻々と変わる川面を眺めながら一時間半揺られる。かつて川沿いには平家の落人伝説を秘めた集落が点在するまことに辺鄙なド
ン詰まりだった。女夫淵温泉にはたしか温泉旅館が一軒あり、それが地震の影響で源泉が涸れてから廃業。
今はだだっ広い駐車場があるだけ。バスの休憩舎で昼食の後、歩き始める。かつては河原に登山道がついて
いたが、この先で急に直角に曲がる鬼怒川の治山工事の結果、いきなりよっこらしょと山を二つ越えなければ
ならないが、間に立派な吊り橋(中将乙女橋)があり、これを渡る遊歩道が整備されている。鬼怒川の流れを見ながら明るい木立の左岸に沿ってしばらく歩き、やがて八丁湯着、加仁湯を経て、鄙びた木造二階建ての日光沢温泉へ到着。夏は名残り惜しげ、秋はまだはっきりと姿をあらわさない時節。何はともあれ、早速白濁した湯が豊富な温泉につかる。
 ※ 10/1(日)

鬼怒沼で
いつになく朝食をしっかり食べて、荷物を宿にデポして出発。1 時間ほどでオロオソロシ滝展望台がり、対岸に
一条の白い滝が落ちている。ここを過ぎてもアスナロ、シラベ、ネズコやコメツガ、トウヒの暗い森の中の急登が
つづくが、中間のベンチからは穏やかな登りに木道や木の階段が現れ、ほどなく樹林の切り開けを抜け出て
パッと開けた鬼怒沼の末端に飛び出る。いつものことながら、この瞬間が楽しい。正面に鬼怒沼山、日光白根、
湿原の奥からは尾瀬の山々が望まれる。水面に雲ひとつない青い秋の空が写っている。めいめい高層湿原の
散策や昼食で今ここにしかない貴重な時を過ごし、往路を戻り日光沢温泉へ下山。
ここで予期せぬ出来事が。帰りのバスがパンクし、栗山で代わりのバスに乗り換えることになったが、遅れが出
て鬼怒川温泉からの乗車予定の特急に間に合わないことが判明。係のやまめさんはこの事態に直ちに対応し、
バス車中から駅に電話で連絡して次の特急便に変更の手続きをしてくれて万事うまく運んだのだった。
                                                                    (がく 記)
                                                       セイ 写真)