H29.10.9鳳凰三山から撮影
◆ 山行月日
   平成29年10月7日(土) ~ 9日(月)
◆ 山行先
   鳳凰三山
◆ 参加者
   ばんちゃん、なべ、mitu
◆ コースデータ
 ※ 10/7
    14:20調布駅→(マイカー)→16:20青木鉱泉(テント泊)
 ※ 10/8
    4:00起床…5:30青木鉱泉…7:50南精進の滝…10:25白糸の滝…11:25五色ノ滝…12:50鳳凰小屋
    (テント泊)
 ※ 10/9
    4:00起床5:40…6:45地蔵岳…8:25観御岳…9:40薬師岳…11:05御座石…(中道)…13:50林道①
    …15:15林道②…16:50青木鉱泉→帰宅
◆ リーダー感想
   紅葉狩りといで湯の山旅で例会山行が始まった。鳳凰三山は、何回か来ているが「ドンドコ沢」のルートは
   初めて。マイナスのイオンのパワーに満ちあふれた大滝がいくつもあり、大好きな黄色の紅葉あり、心安ら
   ぐ沢のせせらぎがあり、栗ご飯がありと企画満載の山行で、最高の登山日和でした。鳳凰三山ルートの中
   では一番好きなコースです。次回は季節を変えて歩いてみたいと思います。
                                                                        (ばんちゃん 記)
◆ 山行記
   2017年10月7日(土)~9日(祝)、南アルプスの鳳凰三山に行ってきました。メンバーはリーダーの「ばん
  ちゃん」「mituさん」「なべ」の3名です。今回の山行は、青木鉱泉からドンドコ沢登山道を使って鳳凰三山を
  巡り、中道を青木鉱泉に下山するルートでした。久々の好天に好天に恵まれた良い山旅でした。
 ※ 第1日目(10/7)
14時に調布駅へ集合し、「ばんちゃん」の運転で青木鉱泉に向かった。途中の道は、すれ違うのもやっとの狭い道で穴だらけの悪路だった。これから行かれる方は運転にご注意を。調布から2時間半ほどで青木鉱泉に到着し、テント設営後、外で熱燗とおでんと栗ご飯で秋を満喫した。明日に備えて19時、早めに就寝。

趣のある青木鉱泉
 ※ 第2日目(10/8)
4時半起床5時半出発。ドンドコ沢沿いの登山道を登る。水がドンドコ・ドンドコ流れるてくるからドンドコ沢
というらしい。途中、南精ヶ滝、鳳凰ノ滝、白糸滝、五色滝の4つの滝を見ることができる。とてもお得感の
ある登山道で、絶対オススメのコースだ。順調に高度を上げて12:50に鳳凰小屋に到着。テント場は小
屋の人が仕切っていて指示された場所に設営したが、あっという間にテント場が一杯になって立錐の余
地がないほどでした。後から到着したパーティーは、テントを張ることができないため小屋に泊まるように言われていた。3連休で天気も良かったので鳳凰小屋は満杯でかなりの盛況だった。混雑具合がわかる
ように、鳳凰小屋のブログを参照してください。明日のために、18時にシュラフへ入りましたが、隣のテン
トの男女の”しりとり”やひそひそ話が丸聞こえで、21時頃まで眠れるわけもなく寝返りを繰り返す。又、予想以上に寒くて、なかなか寝付けない。

ドンドコ登山道の始まり

鳳凰の滝へ寄ってみよう

鳳凰の滝

白糸の滝

落差70mの五色の滝

立錐の余地もない鳳凰小屋のテント場
※ 第3日目(10/9)
4時起床、いよいよ鳳凰三山アタックの日だ。樹林帯を抜けると、ほどなくザレ場になり地蔵岳のオベリス
クが見える。昨年の夏に北岳から見た地蔵のオベリスクに来たことは実に感慨深かった。今年は槍ケ岳、
穂高岳、白馬岳に登ったが、いつも雨模様だったが今回は雲ひとつない快晴でとても幸せな気分になった。オベリスクの途中まで登ると(岩トレのお陰?)すぐ目の前に甲斐駒ヶ岳、北岳、反対側の雲海の向こうに
富士山も見」えた。地蔵岳を後にし、最高峰の観音岳、薬師岳にも立つことができた。下山は薬師岳から中身とを通り、樹林帯の中を青木鉱泉まで降りた(高度差1700m)。この長い下りで、久々に筋肉痛になった。まだまだ鍛錬が足りないなあ。

地蔵岳へ向かう途中で振り返ればご来光

オベリスクが見えてきた

地蔵岳から見る雲海

ピーカンのオベリスク

地蔵岳で

オベリスクから見えた甲斐駒ヶ岳

影富士ならぬ影オベリスク」

観音岳越し見るに富士山

地蔵岳にさようなら

観音岳から見る地蔵岳の紅葉

観音岳山頂で
◆ 賛辞
   ばんちゃん、mituさん、今回の縦走で大変お世話になりました。次回は、山ご飯にステーキをたべましょう。
  今回に懲りずまたご一緒してください。  
                                                               (なべ 記)